たるみ・むくみの原因とは

体内環境と外的要因から小顔の敵を見つけ出す

たるみ・むくみの原因とは

こういった美容サイトをご覧になる多くの方が、日々小顔になるべく、たるみやむくみとの終わりない奮闘を繰り広げていることと思います。

ですが、そもそもそのたるみやむくみとはいったい何なのでしょうか。また、そのような顔の異常は何を発端にあらわれるのでしょうか。

ここでは小顔の天敵となるそれらの原因の数々を解説していきたいと思います。

まずむくみですが、このむくみとはリンパ線や静脈の働きが鈍ることで、本来排出されるべき老廃物が排出されなくなり、皮膚の下に水分がたまった状態のことを指します。

これは、アルコールや塩分の摂りすぎによる食生活の乱れや、肩、首などを酷使することで起こるため、正しい食生活を行い、さらにマッサージなどで血行を確保することで解消できます。

次に、たるみですが、これは体内から肌のハリを保つ成分が減ったり、土台となる筋肉が衰えることにより、特定の部位が肌自体の重みで垂れ下がってしまっている状態を指します。 これの主な原因は加齢ですが、コラーゲンやヒアルロン酸などを補給することで老化を防ぐことができ、また肌の保湿をまめに行うことも有効とされています。

また、紫外線も肌のたるみに強い影響を与えています。 紫外線は皮膚のコラーゲンやエラスチンという有効成分を破壊し、肌の弾力を失わせるため、老化を早める傾向が強いのです。 これに対してはUVカット化粧品を使用するなどして、常に対策を欠かさないようにしましょう。

また、紫外線は夏場のみ注意すればいい、というものではありません。 観測されている紫外線量は地域によりまちまちで、例えば沖縄の春の紫外線量は札幌の年間最高値ほどになると言われます。 そのため、日本では南に住んでいる人ほど季節にかかわらず紫外線に気をつける必要があるんですね。

このように、私たちの日常には美顔を妨げる数々の危険因子が潜んでおり、これらを常に意識するということが、美しくあるために最も重要な課題と言っても過言ではないのです。